Archive for February, 2009

Romanization of Nana Mizuki’s Still in the Groove

February 24, 2009

Original:
急ぐ心を押さえて
やっとたくましい生き方できるはずで
ハイスピードはimitation

何も見えなくなったら
周り失くして孤独の街へ進む
抑えがきかないと

たとえば大きな情熱邪魔して
あざとく幻想の波に酔わされる

美しくても 惑わされても
自信はすり抜けるモノ
笑える程小さなプライドなんて投げ捨て
怖くても 振り返ってみる
見つめ直す余裕で
しっかり今を受け止めたら
助けられた日思い出せる

愛情!救いのてだても
独りよがりで生きてちゃなすすべも無い
飾り過ぎなbed emotion

誰も信じられなくて
ビルの向こうを眺めて羨んだり
欲しがってばかりでは

遠くに幕が上がってても
足元見えないで理想に酔いしれる

心がゆれて 横顔見せて
success一人占めして
がむしゃらが正義だと
見落としてしまうモノは
大きくて 戻れなくなる
とてもとても重要で
贅沢過ぎる宝探し
回り道なら見つけられる

美しくても 惑わされても
自信はすり抜けるモノ
笑える程小さなプライドなんて投げ捨て
激しさに 怯えたりして
とてもとても危険な
贅沢過ぎる宝捜し
迷い続けてく still in the groove

Transliteration:

isogu kokoro wo osaete
yatto takumashii ikikata dekiru hazu de
HAI SUPIIDO wa imitation

nanimo mienakunattara
mawari nakushite kodoku no machi e susumu
osae ga dekinai to

tatoeba ookina jounetsu jamashite
azatoku gensou no nami ni yowasareru

utsukushikutemo madowasaretemo
jishin wa surinukeru mono
waraeru hodo chiisana PURAIDO nante nagesute
kowakutemo furikaette miru
mitsume naosu yoyuu de
shikkari ima wo uketometara
tasukerareta hi omoidaseru

aijou! sukui no te da temo
hitori yogari de ikitechana susube mo nai
kazari sugina bed emotion

daremo shinjirarenakute
BIRU no mukou wo nagamete urayandari
hoshigatte bakari dewa

tooku ni makuga agatte temo
ashimoto mienaide risou ni yoishireru

kokoro ga yurete yokogao misete
success hitori shimeshite
gamushara ga seigi da to
miotoshi toshite shimau mono wa
ookikute modorenakunaru
totemo totemo jyuuyou de
zeitaku sugiru takarasagashi
mawari michi nara mitsukerareru

utsukushikutemo madowasaretemo
jishin wa surinukeru mono
waraeru hodo chiisana PURAIDO nante nagesute
hageshisa ni obietarishite
totemo totemo kiken na
zeitaku sugiru takarasagashi
mayoi tsuzuketeku still in the groove

Advertisements

Translation of Bokurano manga draft 1

February 15, 2009

I’ve been asked by a scanlating group to do the translation work for the Bokurano manga. I’m actually rather excited about this because I’ve never translated for a manga before.

Since my Japanese isn’t exactly top of the line, I think what I’ll do is transcribe the text and then translate it. So if I forget or mess up it’s easy enough to just copy paste into a denshi jisho.

So without further ado, here is Bokurano manga 55.

Self Notes:
達=たち
手助け=てだすけ
転送=てんそう
移動=いどう
距離感=きょりかん
風景=ふうけい
関わる=かかわる
必要=ひつよう
遺族=いぞく
所在=しょざ
護衛=ごえい
残念=ざんねん
範囲=はんい

Page 1:
Right caption: 「ぼくらの」最新第9集9月30日頃発売決定!!
“Bokurano” Latest Volume 9 to be Released Around 9/30!!
Left caption: 自分が皆をパイロットに導いた。そして皆、死んでいった。。。。。
She guided everyone to become pilots. And everyone has died…

Page 2:
Nothing here.

Page 3:
Yoko: 何か飲み物買ってこようか。
Can I get you something to drink?
Ushiro: あ?
Ah?
Ushiro: 別にいらない。
I don’t really want anything.
Yoko: じゃああたしもいいや。
Then I won’t get anything either.
Yoko: あんたと、こんな旅行みたいなのしてるなんて、
It feels kinda strange,
Yoko: 変なかんじだね。
Going with you on a trip like this.
Ushiro: おれが買ってくる。
I’ll buy you a drink.
Ushiro: 何がいい?
What do you want?
Yoko: へー、
Eh?
Ushiro: へー、なんだよ。
Eh, what?
Yoko: じゃあ、ココア。
All right, I’ll have cocoa.

Page 4:
Yoko: ウシロとあたしは2人で、
Ushiro and I, the two of us will,
Yoko: みんなのところをまわることにした。
Travel around to see everyone.
Yoko: 佐々見さん達の手助けも断った。
We won’t be getting help from Mr. Sasami and the others.
Yoko: お兄ちゃんの転送も使わない。
My brother won’t be transporting us either.
Yoko: 電車やバスや自分の足で移動する。
We’ll get there by train, by bus, and with our own legs.
Yoko: その距離感、
That sense of distance,
Yoko: 風景、街のたたずまい。
that scenery, it looks like a town.
Yoko: あたし達にはそんなことをしている時間は残されていないのかもしれない。
We probably don’t have much time left to do this.
Yoko: それでも、ジアースに関わったあたし達にとっては、
But, as we are the ones involved with Zearth,
Yoko: この時間を必要とする移動は意味があることのように思えた。
It seemed like there was some meaning for us to use this valuable time to go everywhere.

Page 5:
Yoko: もちろん遺族の所在は佐々見さんに教えてもらったし、
Of course, since Mr. Sasami has told us the whereabouts of the victims’ family members,
Yoko: 護衛の人達もついてきている。残念ながら、
Guards are also coming with us. Unfortunately,
Yoko: あたし達はそこまでの力はない。
We don’t have that much power.
Yoko: でもそれでいい。
But that’s fine.
Yoko: だってまだほんの子供なんだから。
Because after all, we are still only children.
Yoko: できることを、できる範囲で、ちょっとだけ背のびをして。
We’ll do whatever we can, to the best of our abilities, and we’ll even push ourselves further beyond that.

Page 6:
Ushiro: はいよ。
Ushiro: あんたは何?なんだっていいだろ?
Ushiro: コーヒー?ブラック?
Yoko: へー、
Ushiro: あ、
Yoko: ん?
Yoko: あまっ!!何コレあんた!!
Ushiro: 砂糖増量!?子供!?うるさいっ!!

Page 7:
Ushiro: 口つけるなよ!
Yoko: へー、
Yoko: あんたでもそーいうの、気にするんだ。
Yoko: 女の子のことなんか、興味ないのかと思った。
Ushiro: 興味ないわけじゃないさ。
Yoko: でもなんかの時えらく落ち着いてたよね。
Ushiro: 別に女の裸なんていまさら、
Yoko: カ。。。カナちゃん?
Ushiro: バカ。
Ushiro: カンジだよ。
Yoko: へ?

Page 8:

———–
To be continued

I’ll be emailing this to lucoau@gmail.com when I’m done so he can… I think typesetting is the word.e 6